2005年11月15日

Enterprise Library リリーススケジュール

Enterprise Library日本語サイト(http://enterpriselibrary.jp)のフォーラムによると
Enterprise Library 2.0は年内中にもリリースされるようです。

現在は、GotDotNet WorkspaceのEnterprise Libraryのページに登録しているメンバー向けに
Enterprise Library November CTPが公開されているようです。
posted by libaty at 10:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | EntLib | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

LoggingABを使ってみる

今まではlog4net使ってたんだけど、Enterprise Library全般を〜と思って
今度はLoggingABの使い方をお勉強。
参考はもちろん、市川さんのサイト&@ITの記事
Enterprise Library jp(http://enterpriselibrary.jp/)
@ITのLoggingABの解説(http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/entlib/entlib04/entlib04_01.html)

で、こそこそとやってみる。
いろんなところに出力できたり、Text Formatter(ログ出力項目のレイアウト決めるやつ)も
こそこそといじれたり、なかなかいい感じ。

とりあえず、ログ項目については自分たちにとって必要な項目を全部取れるように
どっかを拡張しないといけなさそう。
さて、どこを拡張すればいいのやら。

EHABとあわせてたぶん2箇所くらいどっか付け加えないといけなさそうだから要調査。
posted by libaty at 23:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | EntLib | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

.NET Framework 2.0が

.NET Framework 2.0の32ビット版がMicrosoft Updateに公開されてたよ〜
#もしかしなくてもかなり出遅れたかもw

ついに、.NET 2.0も展開準備が始まったんだなと思うと
ますますVS2005の日本語版が待ち遠しい今日この頃。
posted by libaty at 18:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

EHABを使ってみる

ようやっとEnterprise LibraryのEHABを使ってみた。
設定もコード書くのも結構簡単。
EMABと比較すると例外ハンドラが追加された点とかほかのApplication Blockと連携できる点
あたりでかなりのアドバンテージがあると思った。
でも、Logging Handler使ってもEMABのときと同様のAdditional Infoしかロギングされない。
いろいろ調べて、HTTP系の情報をロギングできるカスタムハンドラを作ってみようと思う。

#要望があれば&つたないコードでよければ公開するかも。
posted by libaty at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | EntLib | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

Process Template Editorを使ってみる

ちょっと前に書いたProcess Template Editor Alpha版
http://libaty.seesaa.net/article/8666604.html

今日は試しにちょっと使ってみた。
これがないとXMLファイルをテキストエディタで修正しないといけないから
それから比べたらずいぶんまし。
TFSサーバにつなげて作業することでそれなりにValidationもやってくれるし、
結構簡単にWITのフィールドやら状態、状態遷移が定義できる。
レイアウトもそれなりに見た目を確認しながらできるからないよりは全然いい。

でも、
WIT内にGlobal Listが定義してあると例外が発生して落ちたり、
レイアウト定義するところがやたらめったら遅かったり、
状態遷移が状態遷移図で書くんじゃなくて、単にテキストの編集だったり
とまぁまだまだこれから感が満載。

まだまだAlpha版だからね。これからどうなっていくか楽しみ。
posted by libaty at 23:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TFS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

Work Item Typeで使えるControlの種類

Work Item Typeを定義する際、Work Item Typeの各フィールドをフォームにどのように表示するかの設定を行います。

以下は、そこで使用できるコントロールの一覧です。
・FieldControl
 テキストボックスを表示する。リスト項目の場合はComboBoxになる

・HtmlFieldControl
 フィールドの型がHTMLの場合に、このコントロールを指定するとフォームに
 複数行のテキストボックスを表示することができる

・DateTimeControl
 フィールドの型がDateTimeの場合に、このコントロールを指定すると
 フォームにカレンダー表示機能つきのテキストボックスが表示される。

・TFStructureControl
 AreaやIterationなどのツリー構造になっているものを
 フォームでもツリー構造で表示できるようにする。

・AttachmentControl
 WorkItemにファイルなどを添付するための機能をもったコントロールを表示する

・LinksControl
 WorkItemにURLなどのリンクを設定する機能をもったコントロールを表示する

・WorkItemLogControl
 WorkItemの変更履歴を表示する機能をもったコントロールを表示する

HTMLFieldControlやDateTimeControlやExtensibility KitやVS SDKにもドキュメントとしては記載がないので知ってると便利かも。
posted by libaty at 11:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | TFS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Visual Studio SDK

Visual Studio 2005 SDKのOctober版がVS Extensibility Centerで公開されてました。

今回から、Visual Studio Team System Extensibility Kitもこちらに同封されているようで
Extensibility Kitを心待ちにしていた方は即ゲットですね。

内容のほうは・・・
 Reportingに関するところはあまり更新がされていないような感じ
 Work Item TypeやWork Item Object Modelのあたりは多少詳しくなったような感じ
がします。

あとは詳細に見るべしということで。
posted by libaty at 10:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | TFS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

GridView + DataSet

VS2005のWebデザイン画面で、DataSetが表示されていないことにショック!!
を受けてから早・・・。

レイヤー構造を採用してるとSqlDataSourceとかで直接データベースにアクセスされると
あんまりあんばいがよくないから、どうしたらいいか悩むこと、早・・・。

ようやくどうやったらうまく使えそうかわかってきた。

結論から言うと
GridView + ObjectDataSourceの組み合わせで内部的にDataSetを読み込めばOKって感じっぽい。

続きを読む
posted by libaty at 21:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あれ?

予想外の展開・・・。

Visual Studio 2005のRTM版がMSDNサブスクライバダウンロードでダウンロード可能になってる・・・。
あれあれ・・・。

しかも
VSTSもTrial版(おそらくTFSとの兼ね合いでこんな名前のような)もダウンロード可能。

受け側のTFSもBeta 3 Refreshがでてるし・・・。

う〜む。また環境構築に時間がかかりそうだ・・・。
posted by libaty at 00:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | VSTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

Process Templateカスタマイズツール Alpha版

John Lawrence (MSFT)のブログより

Joel has an alpha version of his Team Foundation Process Template Editor

ここのブログのネタもとは

Joel Semeniuk's Blogの
VSTS Process Template Editor Alpha Preview 1

らしい。

要約すると、GDNのWorkspaceでProcess Templateカスタマイズツールのアルファ版を公開したけど、メンバー内のみの公開です(メンバー登録はできる模様)ということみたい。

Beta3でうごくやつっぽいのでどの程度のものかぜひ試してみたい!!
posted by libaty at 22:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | TFS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。