2005年11月22日

WorkItemTrackingあれこれ

まぁなんていうか、WorkItemの中に計算された値を持ちたいなんて要望が・・・。
Ex) 作業基準時間 - 実績作業時間 = 予定残り作業時間

WorkItemでレポーティングのような値を持たせたいと思う理由には疑問を感じるけど、
まぁ、お客様の要望なので。
でも、WorkItemTrackingのコントロールにはこんな機能をサポートしているものはない。
ということで、どうするか?

答えは、Notification Servicesを使いましょうということらしいです。

例えば、WorkItemが保存された場合には、Notification ServicesよりWorkItemChangedEventが発行されます。これをハンドリングできるWeb Serviceを用意しておいて、そのロジックの中で計算させて、WorkItemを保存しなおすという作業をするのが手っ取り早いらしい。

唯一の問題は処理がサーバー側で行われるから、クライアントには瞬時に反映されないこと。
一度、リロードしないといけないあたりが微妙にできてるんだけどユーザーエクスペリエンスはいまいちだよな〜と思ってしまう感じです。
posted by libaty at 23:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TFS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック