2005年10月31日

GridView + DataSet

VS2005のWebデザイン画面で、DataSetが表示されていないことにショック!!
を受けてから早・・・。

レイヤー構造を採用してるとSqlDataSourceとかで直接データベースにアクセスされると
あんまりあんばいがよくないから、どうしたらいいか悩むこと、早・・・。

ようやくどうやったらうまく使えそうかわかってきた。

結論から言うと
GridView + ObjectDataSourceの組み合わせで内部的にDataSetを読み込めばOKって感じっぽい。

続きを読む
posted by libaty at 21:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あれ?

予想外の展開・・・。

Visual Studio 2005のRTM版がMSDNサブスクライバダウンロードでダウンロード可能になってる・・・。
あれあれ・・・。

しかも
VSTSもTrial版(おそらくTFSとの兼ね合いでこんな名前のような)もダウンロード可能。

受け側のTFSもBeta 3 Refreshがでてるし・・・。

う〜む。また環境構築に時間がかかりそうだ・・・。
posted by libaty at 00:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | VSTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

Process Templateカスタマイズツール Alpha版

John Lawrence (MSFT)のブログより

Joel has an alpha version of his Team Foundation Process Template Editor

ここのブログのネタもとは

Joel Semeniuk's Blogの
VSTS Process Template Editor Alpha Preview 1

らしい。

要約すると、GDNのWorkspaceでProcess Templateカスタマイズツールのアルファ版を公開したけど、メンバー内のみの公開です(メンバー登録はできる模様)ということみたい。

Beta3でうごくやつっぽいのでどの程度のものかぜひ試してみたい!!
posted by libaty at 22:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | TFS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

masterページのパス問題

昨日、ASP.NET 2.0のmasterページで困ってるって書いた
http://libaty.seesaa.net/article/8549424.html

具体的にはstylesheetを適用させるパスのところで、普通は以下のような感じに書くけど。

<head>
 <link rel="StyleSheet" href="style.css" type="text/css" />
</head>

Masterページに書かれている内容がそのままコンテンツページにコピーされるような感じで動くから、masterページで指定したパスがコンテンツページで有効にならない場合がでてた。

実行時のみ解決する方法はマイクロソフトのページ
ASP.NET 2.0のマスターページ
にもあったけど、デザイン時もちゃんと解決したかったので、無理やり解決してみた。

続きを読む
posted by libaty at 10:11| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MSDN eye

MSDN onlineでMSDN eyeというコンテンツが始まったそうです。

MSDNのトップページからどうやって辿ればいいのかわからなかったので、
リンク先をメモメモ

http://www.microsoft.com/japan/msdn/events/default.aspx#MSDNeye
posted by libaty at 09:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

ASP.NET 2.0のマスターページ

必要にかられてちょっと使ってみました。
便利なことは便利なんだけど、ちょっと厄介・・・。

便利な点
・今まで、継承を使って無理やりデザインの統一を行ってた(もしくはフレームを使って)のをASP.NETの仕組みでカバーできるようになった。

やっかいな点
・マスターページに書いた内容がそのままコンテンツページにコピーされる
 つまり、パスの情報なども変更されることなくそのままコピーされるので
 うまく書かないとパスが狂う

マスターページのコンテンツ部分は、Imageコントロールなりなんなりを使えばパスの解決が可能。
でも、ヘッダ部分(cssとかJavaScriptとか)をどうやってパス解決するか悩み中・・・。
いろいろ方法はありそうだけど・・・。

#とりあえず要素をサーバーコントロール化するのは基本のような感じ
#そうするとタイトルもコンテンツページから上書き可能だった
posted by libaty at 22:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

VS2005アドインを作ろう!

久々更新でいきなりですが、
とりあえずVS2005でアドインを作ろうと思い立ったわけで。

まずは簡単なアドインを作ってみてVS2005ではどんな変更が加えられたのか?
どんなオブジェクトモデルが使えるようになったのか?
のあたりを押さえていこうかと思います。

ちらっと見かけた幹事では、設定情報がレジストリからXMLに変わって
その保存場所もだいたい指定されているっぽいような感じでしたが。

でも、インストーラー作って配布するときには
アドインのインストール先情報を記載したxmlファイルをインストーラー内で作成して
登録するようにしてねってことなのかしら・・・。
ちょっと面倒になったような気がする・・・。

がんばった結果は随時アップ予定です!!
posted by libaty at 23:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | VSTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

VS-TFS Workgroup Edition

マイクロソフト ディベロッパービジネス本部 北川氏のブログで発見

Team Foundation Server Workgroup Edition
http://blogs.msdn.com/hiroyask/archive/2005/09/29/475218.aspx

VSTS with MSDNに付属する5ユーザー限定のEditionだそうです。
VSTS & TFSはどちらかと言うとVSTSが高いのであって、
TFSはそうでもないような気がしないでもないですが、
VSTS with MSDNがあれば無償で使えるというメリットはかなり大きそう。

これなら、小さなプロジェクトでこつこつ試してある程度の手ごたえを得てから
本物(?)のTFSを買うというようなシナリオが展開できそうです。
posted by libaty at 17:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TFS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。