2005年08月31日

関連図のサンプルアプリ

MVPのonoさんのブログで知りました。

関連図を引けるアプリケーションを作るためのサンプル記事があります。
Building a Simple Diagramming Tool with Windows Forms

TFSのWITD(Work Item Type Definition)のxmlを見てるとこれを生成してくれる
ツールがほしいと思う今日この頃。

これを応用したら、
関連図 → xml生成
の流れも完成するのでは?という淡い期待が・・・。


↓↓ランキングにご協力を↓↓
人気blogランキングへ

posted by libaty at 23:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VS2005 with MSDN Subscription価格発表

MSDNのトピックスより、Team SystemのMSDN Subscriptionを確認
http://www.microsoft.com/japan/msdn/howtobuy/vs2005/subscriptions/

Team Editonシリーズの価格はMSDN Universalよりちょっと高いかさほど変わらないくらいかも。
でも・・・。
Team Suiteはさすがに高い。
これにTeam Foundation Serverが別売り?とかって話になったらさすがにきついな〜。
TFSはMSDNの中に入るのかも非常に興味深いところかも。


↓↓ランキングにご協力を↓↓
人気blogランキングへ
posted by libaty at 23:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Visual Studio Team Foundation July CTP 日本語版のインストール

MSDNサブスクライバダウンロードからTFS July CTP 日本語版が提供されたので
早速インストールしました。

必要なソフトウェアは以下のとおり
1.Windows Server 2003
2.Windows Server 2003 Service Pack 1
3.SQL Server June CTP 日本語版
4.Windows SharePoint Services 日本語版

インストールを行った環境は以下のとおり
実機:CPU:Xeon 2.8GHz
   Mem:2.0GB
   HDD:いっぱい
   OS:Windows Server 2003 + SP1
   その他:Active Directory Domain Controller
       Virtual Server 2005

仮想マシン1:Mem割り当て:1024MB
       OS:Windows Server 2003 + SP1
       ※TFS Data Tierとして使用する

仮想マシン2:Mem割り当て:640MB
       OS:Windows Server 2003 + SP1
       ※TFS Application Tierとして使用する

July CTPはTFSのAppliation TierとData Tierを別々のサーバで構成する
デュアルサーバー構成でないとインストールができないのでその点は注意が必要。

結論から言えば、この環境でインストールは無事成功です。


インストール手順
posted by libaty at 10:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | TFS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

Visual Studio Team Suite July CTP 日本語版のインストール

サーバー側にVisual Studio Team Foundation Server July CTP 日本語版をインストールしたので、クライアントに、Visual Studio Team Suite July CTP 日本語版をインストールしました。

インストールそのものはクリーンな環境からやれば全然問題なく終わりますが・・・。
ちょっと不具合が・・・。

続きを読む
posted by libaty at 23:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WinFSベータ版公開

CNET Japanの記事より

マイクロソフト、新ファイルシステム「WinFS」を開発者に公開
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20086780,00.htm

MSDN サブスクライバダウンロードでWinFSのベータ版が公開されました。
当初の予定からはいろいろと変更されてきてしまっていますが、
今後の動向は随時チェックしていこうかと。
posted by libaty at 13:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TFSのWork Itemについて 第2弾

前回、「TFSのWork Itemについて 第1弾」では、WIT(Work Item Type)のスキーマ定義における、トップレベル要素を解説しました。

今回の第2弾では、この要素のうち、「Field要素」について解説します。

まず、WITのフィールドとは?
ーWork ItemにはTitleやSummary、Assigned Toなどの属性があり、そこにそれぞれ値を格納して、作業項目としての管理を行います。
この、Titleなどがフィールドと呼ばれているものです。
ちょうど、クラスのプロパティと同じです(フィールドでもいいんだけど、普通Privateだから)

xmlで見ると、トップからField要素までのxmlの形は以下のような感じ。
<WITD application="Work item type editor" version="1.0">
 <WORKITEMTYPE name="Bug">
  <FIELDS>
   <FIELD name="Id" refname="System.Id" type="Integer">
   </FIELD>
  </FIELDS>
 </WORKITEMTYPE>
</WITD>

上を見てわかるとおり、xmlスキーマ上は<FIELDS /<の子要素としてフィールドを定義していきます。

さて、フィールド定義には重要な点が2つあります。

1.各フィールドには読み取り専用やリストからの入力のみなどの
  制約をつける ことができる。
2.各制約は それを有効にするロールを指定する ことができる。

という点です。

制約の詳細
posted by libaty at 09:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | TFS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Visual Sutdio Team Foundation Server July CTP 日本語版

お疲れ様でした。
公開を首を長くしてまってました。

というわけで、待ちに待ったTFS July CTPの日本語版がMSDN サブスクライバ ダウンロードで
公開されました。
あわせて、VSTS Team Suite July CTP日本語版も公開されています。

初の日本語版ということで早速インストールを・・・。
インストールレポートは追って報告します。

# Extensibility Kitは新しくならないのかな〜。
# 早くドキュメントが充実することを祈るばかりです。
posted by libaty at 00:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TFS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Visual Studio 2005 Team System : 社内事例の紹介

MSDNにてマイクロソフト社内でVS Team Systemを導入した事例が紹介されています。

-- 引用 --
Visual Studio 2005 Team System : 社内事例の紹介
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/2005/teamsystem/showcase/

Microsoft 社内において Microsoft Information Technology (Microsoft IT) チームが、社内ネットワークに Visual Studio 2005 Team System を導入し、開発チームのソース管理とワーク アイテム トラッキングの集中化、ならびに開発プロジェクトのライフサイクルの標準化を行った事例を紹介いたします。
-- ここまで --

Work Itemの使い方とかがいまいちよくわからないTFSだけど、
これを見ればどんな風に使えばよいかが少しはわかりそうな気がする。
posted by libaty at 00:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TFS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

VS 2005 Web プロジェクト システム

Microsoft ディベロッパー製品開発統括部より

VS 2005 Webプロジェクトシステム : Webプロジェクトシステムとは。そして、なぜこうしたのか。(前半)
http://www.exconn.net/Blogs/team01/archive/2005/08/26/2684.aspx

という資料が公開されています。(元ネタは英語)

VS2005の新機能や、Webプロジェクトはなぜこのような形になったのかなどが
かなり詳しく書かれています。
posted by libaty at 01:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

.NET系の技術記事

こんなサイトがあることを今の今まで知らなかったちっ(怒った顔)

開発者のための実装系Webマガジン
http://codezine.jp/default.aspx

サイトのトップが「default.aspx」なあたりが、Javaじゃなくて、.NETを押してるのかな?
と感じられなくもない雰囲気が、.NET系記事がたくさんあるのではないかと
匂わせてくれるサイトですw
もちろん、JavaやPHP、データベース系のものもありました。
posted by libaty at 09:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

.NETのオーバーライドについて

いまさらながら、ちょっと説明する機会があったので、まとめておきます。

以下のコードを例にします。

public class BaseClass
{
public void MethodA()
{
Console.WriteLine("BaseClass.MethodA");
}

public virtual void MethodB()
{
Console.WriteLine("BaseClass.MethodB");
}
}

public class SubClass : BaseClass
{
new public void MethodA()
{
Console.WriteLine("SubClass.MethodA");
}

public override void MethodB()
{
Console.WriteLine("SubClass.MethodB");
}
}

さて、上記のクラスを以下のような使い方をするとどうなるでしょうか?

public class Class1
{
public static void Main()
{
BaseClass obj1 = new BaseClass();
BaseClass obj2 = new SubClass();
SubClass obj3 = new SubClass();

//newキーワードを使用している場合
obj1.MethodA();
obj2.MethodA();
obj3.MethodA();

//virtual, overrideを使用している場合
obj1.MethodB();
obj2.MethodB();
obj3.MethodB();
}
}

答えはこちら
posted by libaty at 23:51| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

TFSのWork Itemについて 第1弾

TFS Beta2のExtensibility Kitの内容をベースに
WITD(Work Item Type Definition)についてまとめてみました。

第一弾はWITDのスキーマ概要です。

WITDのスキーマは以下のような構造になってます。
<WITD application="work item type editor" version="1.0">
 <WORKITEMTYPE name="bug">
  <DESCRIPTION>
   Bug work item types are used to track defects within the code.
  </DESCRIPTION>

  <GLOBALLISTS>
  </GLOBALLISTS>

  <FIELDS>
  </FIELDS>

  <WORKFLOW>
  </WORKFLOW>

  <FORM>
  </FORM>

 </WORKITEMTYPE>

</WITD>

要素の説明
posted by libaty at 23:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | TFS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

Visual Studio 2005 Quick Learning

MSDN OnlineでVisual Studio 2005のオンライントレーニングが公開されています。

Visual Studio 2005 Quick Learning
http://www.microsoft.com/japan/net/sqlvs/quicklearning.aspx

無料ということなのでこの機会に新しくお勉強するなり
復習してみるなりしてみてはいかがでしょうか?
posted by libaty at 23:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

このブログへの検索ワード

SeeSaaブログにはアクセス解析機能がついてます。
そこで1ヶ月単位とかで検索ワードやアクセス数を見ることができます。

で、今月の検索ワードを見てたら
上位:VB.NET, VB6.0, InputManなど。

まぁまぁこの辺は妥当なところ。

面白かった検索ワード
・女性社員と仲良く
 よっぽど困ってらっしゃるのかしら?

面白ワード続き
posted by libaty at 03:08| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

VBかC#か

MSKK ディベロッパービジネス本部 Hiroyasu Kitagawa's Blogより
VBかC#か
http://blogs.msdn.com/hiroyask/archive/2005/08/17/452511.aspx

という記事がありました。
やっぱりそのときどきであったり、好き好きであったりというあたりで選択してくださいということのようです。

この話題、本当によくでます。
こういうことを聞かれたときはだいたい上のブログと同じことをお答えしていますが、
社内にはわかってくれない人も大勢います。

と、言うのも以下の2点の状況ではどちらが最適かを決めないといけないからなんですけどね。
1.すでに開発要員がそろっている場合
2.これから開発要員を集める場合

1.については問答無用で、今いる人はどっちのほうがわかるの?で済みます。
  まぁ、VBかVB.NETを知ってれば→VB.NET
  Java, C#あたりを知ってれば→C#
  って感じでしょうか。

2.これが問題です。
  私がよくお答えするのは以下のどちらを重視するかです。
  1.Windowsイベントプログラミング
  2.オブジェクト指向プログラミング

  1.を重視するなら今までVBで開発してた人のほうがよっぽど知ってるので
  その人たちを中心に集めてVB.NETで開発。
  2.を重視するなら、JavaでOOADやOOPを理解した人を集めてきてC#で開発。

みなさん、それぞれ意見をお持ちだとは思いますが、
とりあえずこの回答ぶらさげて毎日がんばってますw
posted by libaty at 23:46| 東京 ☀| Comment(37) | TrackBack(0) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ADのユーザ名から所属するグループの一覧を取得する

GDNJでVB.NETでActiveDirectoryのユーザ名から属しているグループ名を取得したい


なんてのがあったのでそのときの回答から内容をまとめてみます。

使用するアセンブリ:System.DirectoryServices.dll
使用するクラス:DirectoryEntry, DirectorySearcher, SearchResult

手順:1.DirectryEntryクラスを使用して、ADに接続する
   2.ADに接続できていることを確認する
   3.DirectorySearcherクラスを使用してLDAP内を検索する
   4.検索結果から所属グループ一覧を取得する

続きを読む
posted by libaty at 22:18| 東京 ☀| Comment(60) | TrackBack(0) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

キャストの問題

キャストができない!!

普通に考えたら型が違うんじゃ?ってお話です。
FQCNが一緒でもキャストできないってんだからいったいどうしたもんだ?ってことで・・・。

続きを読む
posted by libaty at 20:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

MSDN最新情報

MSDNで以前より
.NET アプリケーションのパフォーマンスとスケーラビリティの向上
http://www.microsoft.com/japan/msdn/enterprise/pag/scalenet-intro.asp

なんてのが公開されていますが、
8月17日に公開が予定されていた第5章から第7章が公開されています。

この辺からより技術的な内容の解説(になってるはず)なので
要チェックですね。

posted by libaty at 17:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうどうとやってました

それほど間違っていないプログラマ用語辞典というブログより

仕事しないプログラマ
http://pgyougo.seesaa.net/article/5931636.html

ここで

* 仕事をしないプログラマは、仕事をサボってネットサーフィンをしていることがバレないように、「無題.txt」や「新規テキスト.txt」といったテキストファイルに、ブラウザからコピーしたテキストを貼り付けて読む修正がある。

という記述がありました。

なるほど、そうやってやるのか! う〜ん勉強になった。

普段どうしてるかって?
どうどうとここに書き込んだり、mixiやったりしてますよ。
もちろん、メッセンジャーサービスをこそっとたてて
言葉で話したらまずい内容をこそこそ話してますよ。
※さすがに2chはネットワークポリシーで弾かれてますが・・・

もちろん巡回ルートに上記のサイトや実録鬼嫁日記も入ってます。

う〜ん、仕事しよw
posted by libaty at 00:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

VB.NETではまる 第2弾

C言語系列の流れを組むみなさん、
以下のようなコードを書きませんか?(C系では定型に近いコードです)

以下はC#のコードです。

StreamReader reader = new StreamReader();
string line = null;
while ((line = reader.ReadLine()) != null) {
// 処理
}

VB.NETではこのおまじないにも近いコードが書けません。
なぜか?
VB.NETでは「=」は代入演算子のほかに比較演算子の意味も持ち合わせるからです。
そんなわけでかどうかは微妙なところですが、If文やWhile文など、
評価式を形成する必要がある部分で代入操作をさせることはできません。

さっきのコードをVB.NETで書く場合

Dim reader As StreamReader = New StreamReader()
Dim line As String = reader.ReadLine()
While Not line Is Nothing
'処理
line = reader.ReadLine()
End While

こんなような感じになります。
posted by libaty at 22:39| 東京 ☁| Comment(71) | TrackBack(0) | .NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。